日本の土着宗教といえる神道のお葬式

宗教として考えた場合、日本の土着していたものであったのは神式です。民族的な伝承によって現在も残る宗教であり、一部で仏教とも融合してきました。共通的部分もいろいろと持っているのは、日本に仏教が伝来してきたときに、各地で伝統的におこなわれてきた神式と入り混じったことが要因であったとも言われています。これもひとつの結論であり、民間の中で伝えられてくることによって、独自の進化を遂げて生き残ってきたともいえるでしょう。

神式のお葬式は、祭祀であるところが大きな違いです。神葬祭と呼ばれることもありますが、儀礼的なものになってきます。神道といっても、神社神道と呼ばれており、神社本庁が統括しているものを指すところも重要です。教派神道とは区別して考えていかなければいけません。

お葬式としてみた時に、死の概念が仏教とは異なります。亡くなったら仏の弟子になるとしているのが仏教ですが、神道の場合には霊となって、家の中にとどまることになります。先祖の霊とともに守り神になっていくと考えるところが大きな違いです。そのための儀式をおこなうのが神葬祭の特徴であり、祖霊に亡くなったことを知らせながら、故人を送り出していくことを祈る意味があります。現在のお葬式と関連して重要になってくるのは、神道では、穢れという言葉が出てくるところです。さまざまなことに対して穢れという扱いをしてくことになりますが、死も穢れのひとつであり、清めなければいけません。神葬祭の目的のひとつにもなってきますが、お葬式が終わってから塩をまいて清めるというのは、神道の流れを持ってきたという部分です。

ほかの宗教との違いとして、斎主、副斎主、斎員、伶人、楽員といった仏教のお葬式とは違った人員配置をしなければいけません。神職には謝礼を用意しることになりますが、無地白の袋に包み、表書きは御礼か玉串料になります。水引きを掛ける場合には、銀か白であり、黒白の仏教とは異なる部分に注意が必要です。謝礼の金額に関しては地域によって異なることにも注意しなければいけません。